教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2018
2/27

旦那さんの家族の結婚式に参加するときのベストな服装って?

旦那さんの家族の結婚式に参加するときのベストな服装って?

結婚式の服装は、どれを着て行こうか迷ってしまいますね!ただ、友人の結婚式は「どれを着ようかな?」とワクワクしながら選ぶ方が多いのですが、夫の親族の結婚式となると「何を着ていいのやら」とブルーになってしまう方もいるかもしれません。


今回は、旦那さんの家族の結婚式に参加する際の服装についてご紹介します!これだけ知っておけば、まずは大丈夫。安心しましょう。


1.友達や会社の人の結婚式とは立場が違う「家族の結婚式」

友人や会社の人の結婚式は、ゲストとして出席しますよね。お祝いに駆けつけ、もてなしてもらう側です。ところが、家族の結婚式はたとえ血がつながっていない親族であったとしても、ゲストではなくもてなす側になります。


もちろん、結婚式を主催するのは新郎、新婦、あるいはその両親なのですが、新郎、新婦のどちらかの親族であれば、他のゲストには「主催側」と思われているということです。したがって、服装は友人や会社の人の結婚式よりもフォーマルなものになります。思い出してみてください、あなたの出席した結婚式では、親族の方は何を着てらっしゃいましたか?着物、ドレスのいずれにしても、あまり派手なものではなかったはずです。


もちろん、結婚式を主催するのは新郎、新婦、あるいはその両親なのですが、新郎、新婦のどちらかの親族であれば、他のゲストには「主催側」と思われているということです。したがって、服装は友人や会社の人の結婚式よりもフォーマルなものになります。思い出してみてください、あなたの出席した結婚式では、親族の方は何を着てらっしゃいましたか?着物、ドレスのいずれにしても、あまり派手なものではなかったはずです。


両親がタキシードと着物だったかな?他の人はどうだったっけ?くらいしか、印象に残ってないかもしれませんね。でも、それで良いのです。主役はあくまで花嫁、花婿ですし、会場に華を添えるのはゲストの役目。主役以外の主催側は目立たないのが普通です。


2.洋装の場合

服装は地方ごとにかなり違いがあります。服装の基準については、義理の実家に確認してください。親族一同、女性は全て和装と決めている家もありますし、洋装でも和装でもどちらでも可能としている家もあります。とはいえ、子供がいるとその世話にも追われてしまうため、和装が現実的ではないということもあり、現在では洋装の方が多いです。


2.洋装の場合

洋装の場合、義理の妹が結婚するときは、義理の姉であるあなたの服装は「落ち着いた雰囲気」をキーワードにまとめましょう。間違いがないのは黒、ネイビー、暗めのワインレッドで、ひざ下丈のドレスです。ひざ上やノースリーブはダメです!ノースリーブの場合はボレロを羽織りましょう。


黒の場合は喪服みたいな印象にしないために、明るい色が付いている小物を合わせましょう。袖部分にレース素材が入っていると、華やかさがアップします。あなたが義理の妹なら、可愛らしく上品にまとめてみてください。ベージュや落ち着いたピンクなど、明るいけれど派手ではない色をチョイスして。


3.和装の場合


3.和装の場合

和装の場合、基本的に義母よりも格上の装いをしてはいけません。和装は洋装とは違って、独特のルールがあり門の数と着物の色で格が変わります。一番格が上なのが五つ紋の黒留袖(黒い着物で、裾部分から柄が入っている着物)、その次が三つ紋付色留袖(黒以外の色の留袖で、三つの家紋が入っている)、一つ紋付色留袖の順に格が下がっていきます。


結婚式の主催者側の装いとしては、三つ紋付色留袖までです。夫の従兄弟くらいに関係が遠くなれば、一つ紋付き色留袖もOK。黒留袖が既婚女性の装いの基本ではありますが、「花嫁・花婿の母と同じ服装は失礼」と考える方もいますし、「親族で既婚女性なら全員黒留袖で揃える。花嫁・花婿の母は華やかな帯を着用」という方も。


冒頭と同じですが、まずは義理の母に確認しましょう!着物をレンタルするなら親族まとめて一緒にレンタルしたほうが格も揃いますし、間違いがないですね。この際、義理の家族の方と一緒に着物をレンタルしてしまって、現地(ホテルなど)で着付け、ヘアセットをするというのもいいですよ。

4.派手すぎorチープ感は厳禁!


4.派手すぎorチープ感は厳禁!

結婚式の格は、一番上がホテル、ゲストハウス、最後にレストランの順に下がっていきます。結婚式そのものがどのような雰囲気や格式なのかによっても装いは変わってきますが、派手すぎても安っぽくてもダメです。


「せっかくの結婚式なのに好きな服装ができないなんて!」と不満に思う方もいるかもしれませんが、主催者側として出席する結婚式のマナーのポイントは、「その場にいる全員の方が気持ち良く過ごすためのもの」です。確かに、服装に関して様々な考え方はありますが、あなたの服装が他の親族やゲストに「モヤモヤ感」「不快感」を与えてはダメなのです。


あなたの服装は、新郎新婦の評価にも直結します!見る人はきちんと見ています。「きちんとした服装をしているね」と高評価につながるように、マナーに合った服装をしてくださいね。