教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2018
1/18

アラフォーカップルは注意!「イタい」と思われない上質ウェディング

アラフォーカップルは注意!「イタい」と思われない上質ウェディング

結婚が人生の新しいスタートであることと、年齢は関係ありません!とはいえ、年齢に合ったウェディングにしたいと思われる方も多いです。今回は、年齢を重ねたからこそ演出できる上質なウェディングについてご紹介します。

1.仕事を離れて「海外ウェディング」でプライベートを満喫

若くて、周りの同僚や同郷、学校の友人たちとの関係を重視していた頃は、大人数でワイワイ、ガヤガヤと飲んだり、食べたり、騒いだりが楽しかった。でも、今はちょっと違うかな?どちらかといえばのんびりしたい…

1.仕事を離れて「海外ウェディング」でプライベートを満喫

そんな花嫁にオススメなのは、海外ウェディングです。招待できる方々の人数はかなり限られますが、結婚式の思い出を本当に自分と親しい人だけと共有できます。

38歳で良縁に恵まれたAさん。「若い頃だったら派手に仲間とはしゃいだんでしょうけどね。今ははしゃぐだけでちょっと疲れちゃうのよね。それに、招待客っていっても祖母はもう寝たきりだし」と、心境と状況の変化を語りました。


「せっかくだし、仕事が忙しくてなかなか行けない海外に行きたいな!と思って。仕事の休みもそうそう取れないので、一週間も海外に行くってなかなかなくって。良い思い出になったわ!」ということで、Aさんはとある南のリゾート地で新婚旅行も兼ねた海外ウェディングをしました。両家の両親も高齢だったため、無理のないゆったりしたプランを立て、費用は全額新郎新婦で負担。両親へ海外旅行をプレゼントすることができました。


特に、いつも介護で忙しい花嫁の母は、「海外なんて、もう一生行く機会がないと思っていたので、とても嬉しい」と喜んでいたとのこと。海外ウェディングは、職場の上司や同僚といった「会社」の繋がりとは離れて、完全にプライベートな空間を楽しめることが魅力です。社会との繋がりがあり、仕事もアクティブな35歳以上の世代だからこそ、上質なプライベートタイムに魅力を感じる、ということのようです。

2.「気配り」「思いやり」がキーワードの上質な結婚式

2.「気配り」「思いやり」がキーワードの上質な結婚式

アラフォー前後の世代に人気なのが、安っぽさがない上質な結婚式です。これまで働いてきた分の経済力もあるので、ゲストへのもてなしを豪華にすることで「質」をアップすることが可能です。ドレスを派手にするのではなく、同じ予算内で納めるのであればドレスは清楚でシンプルなものにし、会場や食事の内容をリッチにすることで、出席者の方々を精一杯おもてなしできます。


実際に、アラフォーカップルの結婚式に出席したKさんに話を聞いてみると「派手さとか、キャピキャピした感じはなかったけど、落ち着いていて、大人っぽくて素敵な式だったよ!特に食事が豪華」とのことでした。


花嫁花婿がアラフォー世代以上だと、出席者の方々の中には、持病があったり、体が不自由だったりと問題を抱えた方も多くなってきます。出席することそのものもチャレンジになる方が多くなってくるのです。


そんな中、新しい門出を祝福するために集まってくれたゲストへは感謝の気持ちを表したいですね。若い頃だったら、自分たちだけで精一杯だったかもしれないけれど、今はきっと違うはず。気配りや思いやりといった大人ならではの心の余裕を、今こそ発揮しましょう!

「もう、いい歳だし」と諦める前に

人は何歳でも新しいことにチャレンジできますし、結婚も新しいチャレンジの一つです。大人には、大人の魅力があります!大人の魅力があることは確実で、あとはどのようにその良さを周りに伝えるか、という点が重要なのです。歳を理由に諦める前にあなた自身にふさわしい式を考えましょう!