教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2017
09/30

タイプ別、結婚準備に非協力的な彼をやる気にさせる方法

タイプ別、結婚準備に非協力的な彼をやる気にさせる方法

いざ、結婚式!と意気込む彼女ですが、彼にはその気があまりないのか、彼女が何を言っても「う〜ん」「え〜、そうだったけ」など、つれない返事ばかり。がっかりしてしまう女性も多いはず。今回は、結婚準備に関して何かと腰が重い彼をその気にさせる方法をご紹介します。

彼が結婚式準備に乗り気でない理由

そもそも、なぜ彼が結婚式の準備に乗り気ではないのでしょうか。理由はいくつかありますが、彼のタイプ別に考えると…

  • (1)人生のセレモニーに全く関心がない。あるいは、価値があまりないと思っている
  • (2)そもそも何でも人に任せてしまうタイプで、積極性がない
  • (3)結婚式そのものが面倒だと思っている

この3つが多いですね。


  • (1)は、結婚式でも、他の行事であっても何かと面倒がるタイプです。
  • (2)については、表立って面倒がっているわけではないのですが「君の好きにしていいよ」が口癖で、見た目は理解のある夫を装っています。でも心の中では「彼女の晴れ舞台なんだから、好きにしたらいい。自分はあまり関係ない」と思っています。
  • (3)については、理由は様々でしょうけれど、「仕事が忙しいのに準備に手間をとられるのが嫌だ」、「他にやりたいことがあるのにどうして結婚式の準備をしなければいけないのか」、はたまた「こんなにお金がかかるなんて!」と、結婚式そのものへのイメージが良くないタイプです。

結婚式への憧れは、女性側が強く持っていることが多く、男性側との温度差が出やすい部分でもあります。温度差そのものを責めても何も解決しないので、彼がなぜ結婚式の準備に乗り気ではないのか、だいたいの理由を考えてみましょう。彼は、タイプ(1)~(3)のうち、どれに近いですか?


タイプ(1)への対応:選択肢を絞って2択から選ばせる

面倒臭がりの彼にも、やはり準備は一緒にしてほしいものですよね。後から「俺はそんなのOKって言ってないし」などと言われないためにも、結婚式準備にはぜひ参加してもらいましょう。彼が面倒臭がっている以上、主導権を握るのはあなただと考えてくださいね。 一番簡単な方法は、「どれにする?」と聞くのではなく、「〜と、〜だと、どっちがいいと思う?」と相談することです。結婚式についての知識も関心も薄い彼にとっては、選択肢が多いことそのものが負担になってしまいます。簡潔に、2択にすれば決めるのは簡単になります。それでも答えがはっきりしないのなら、「〜でいいよね?」と確認をとればOKです。

タイプ(1)への対応:選択肢を絞って2択から選ばせる
タイプ(2)への対応:彼の得意分野だけを任せる

得意分野以外には、全く関心がない彼の場合、得意分野なら積極性が出てくるはずです。そこで、彼の得意そうな分野にはしっかりと関わってもらいましょう。 音楽好きの彼なら、音楽の選曲を担当してもらうというのもいいですよ。デザインが得意ならばペーパーアイテムの制作をお願いすることもできますし、スケジュール管理が得意なら準備のスケジュールや進捗を把握してもらうのも素敵ですね。 彼のこだわりがあまりにも度が過ぎてしまう場合は、あなたがさりげなく止めてあげてくださいね。

タイプ(2)への対応:彼の得意分野だけを任せる
タイプ(3)への対応:とにかく持ち上げる

男性は褒められるのが大好きです。とにかく持ち上げてみると、快く協力してくれる確率がアップします。ことあるごとに持ち上げておくというのも一手です。「忙しいのに、協力してくれてありがと!」など、感謝の言葉をかけるのもいいですね。
そんなに気を使っていられないよ!という場合もあるとは思いますが、なんだか忙しそうな時や機嫌が悪そうな時は結婚式準備の話題は避けましょう。

ある程度の忍耐が必要だけど、花嫁は花嫁で楽しんで!

その気ではない人を動かすというのは、結婚式準備に限らず大変なものです。ある程度の忍耐が必要ですが、せっかくの結婚式です。彼が面倒臭がっているかそうでないかに関わらず、「私は私で楽しもう!」と考えると気楽になりますよ。楽しんでいるあなたを見て、 彼自身が結婚式を楽しもうとする姿勢をもってくれるかも。気を長くして、彼より一歩、大人になった気持ちで向き合ってみてくださいね。