教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2013
07/03

お灸を置くべきポイントはここ!顔のむくみ・くすみ・たるみをオフするツボ

お灸

小顔リンパマッサージなど、マッサージはふだんのお手入れにとりいれている花嫁さんも多いかと思います。マッサージは、直接お顔やリンパをさわって血のめぐりをよくして美肌にしていきます。

お灸も、ツボをあたためて、血やいらないものをながすリンパの流れをスムーズにします。むくみ・たるみは、カラダの血やリンパの流れが悪くなって、いらないものや水が溜まることでおきてきます。顔につながるツボをお灸することで、新陳代謝をよくして美肌づくりをサポートします。

オフィスで座りっぱなし、立ち仕事で立ちっぱなしだと、重力でカラダの中の“水”はだんだんと下に溜まっていきます。足はパンパンになって、顔は水が少なってかさかさしてきます。座りっぱなしだと、足のつけ根にあるリンパもつまって、いらないものもカラダにためこんでしまいます。お灸はむくみのひどい花嫁さんにもピッタリです。

お灸で健康美肌!覚えておきたい基本のツボ

ツボを探すポイントは、キュっとおしてみて“いたギモチいいところ”です。ここに火をつけたお灸を置いたり、お灸シールを貼りましょう。

合谷(ごうこく)

●合谷(ごうこく)
手の甲を上にして、親指と人さし指の間のくぼみの、痛みのあるところ、気持ちのいいところ。
まずはためしたい万能のツボ。肌荒れ・乾燥肌・シミ、スキンケアに取り入れたいツボです。美容にも首から上に効果的。目・鼻・歯の痛み・肩こり・ストレスなどにもいいと言われています。

三陰交(さんいんこう)

●三陰交(さんいんこう)
ウチくるぶしのいちばん高いところから、指4本上。
女性が覚えておきたいツボ。冷え性・肌荒れに。消化器、肝臓、腎臓に働き、女性特有の悩みに。エイジングケアにもいいと言われます。

足三里(あしさんり)

●足三里(あしさんり)
ヒザのお皿の下から指4本分下にさがった、向うずねの外側にあります。
胃腸のツボ。全体的な肌荒れを、内から解消したいときに。むくみ、胃腸、足のつかれ、万能のツボです。肩こり、病気予防、体力増強にも。

曲池(きょくち)

●曲池(きょくち)
肘を曲げた時にできるシワの終わるところ(外がわ)、痛みのあるところ、気持ちのいいところ。
肩こり。首から肩にかけての血流をよくしてくれます。ヒジの痛み、パソコンつかれ、歯痛や胃腸をととのえてくれます。

挙式前のダイエットにいいツボは?

よけいなエネルギーを燃やす、足の「三陰交」がおすすめです。東洋医学では、内臓の調子を整え、新陳代謝をよくして、よぶんな脂肪を燃やしやすいカラダをつくっていきます。

また、押してみてキモチいい・痛いところが、ツボという考え方もあるので、慣れてきたらほかも試してみよう。手軽な東洋美容で、挙式までに効率的にキレイになろう!