教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2013
7/3

保険3 「終身保障」VS「定期保障」

保険

取材協力:
ソニー生命ライフプランナー
長島啓介さん
予想外のときのお金を確保する、保険。貯蓄型の「終身保障」と、掛け捨て型の「割安な定期」どっちがおトクなの?

Case1 Sさん 終身保障タイプ(解約返戻金が多い貯蓄型)

<ソニー生命 生前給付保険(終身型)>
新郎(男性)30歳のケースで、試算
がん、急性心筋梗塞、脳卒中で、所定の状態になられたとき、生前給付500万円の商品で設定
  • 終身保険(死亡保障500万円)・・・月々11,770円×30年  (60歳で支払終了。)
  • 月々の支払い 11,770円 (参考:新婦女性30歳だと10710円)

60歳まででトータルで423万7,200円支払って、老後資金のため60歳で解約したとして、給付をうけてないときは395万500円(約93%)がもどってきます。解約すると、その時点で保障もなくなるので、タイミングを考えておくといいかもしれません。

Case2 Bさん (割安な定期~掛け捨てタイプ)

<ソニー生命 無解約返戻金型平準定期保険(非喫煙型)>
新郎(男性)30歳のケースで、試算
  • 死亡保障(死亡保障3,000万円・掛け捨て)・・・月々6,510円×30年
  • 月々の支払い 6,510円(参考:新婦女性30歳だと5,070円)

60歳まで入るとすると、トータルで、234万3,600円を支払うことになります。

よくよくお二人で確認して

保険は、自分たちの希望をはっきりさせてから入りたいです。大きな金額になるので、わかりにくくてもよくよくお二人で保険の内容を確認してみよう。