教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2016
02/09

どんな式を挙げたい?優先順位別!結婚式会場の選び方

結婚式場を選ぶとき、何を一番重視するかによって、選び方が変わってきます。予算や雰囲気、体裁など、二人が大事にしたいものに優先順位をつけてみて。今回は、優先順位別に結婚式場を選ぶ方法をお伝えします!

予算をできるだけ抑えたいなら…レストランウェディング

予算をできるだけ抑えたいなら…レストランウェディング

結婚式の予算をできるだけ抑えたい、あるいは従来の形にとらわれず自由な式にしたい場合は、レストランを貸し切ったレストランウェディングがおすすめ。レストランウェディングは、式と披露宴を同じ場所で行えます。まず記念撮影を済ませ、人前式の結婚式を行います。出席者の前で結婚を誓い合ったら、会食スタート。ゲストはコースのお料理をいただきながら、余興やスピーチを楽しみます。レストランウェディングはもちろん、お料理が美味しいのもポイント。お料理にこだわりがあるカップルにもおすすめです。お店によって値段が大幅に異なるので、予算に合わせたお店を探してくださいね。

結婚式はゴージャスに、盛大に!…ホテル

結婚式はゴージャスに、盛大に!…ホテル

両親や親戚を呼び、結婚式は盛大にしたい!会社の人も来るのできっちりした式にしたい!というときはホテルが安心。結婚式会場と、披露宴会場が別々になっており、美容室も併設されています。スタッフもウェディングのプロ。キビキビと手際よく応対してくれるでしょう。ホテルにもカラーがあり、昔からの伝統を大事にしているクラシカルなホテルや、リゾートのような開放感あふれるホテルまで、さまざまです。宿泊が必要なゲストに泊まってもらうホテルでもあるので、お部屋の内装などもチェックしておきましょう。挙式前日・当日の宿泊の割引サービスがあるホテルも。料金は決して安くありませんが、「結婚式を挙げた!」という実感が残る形といえるでしょう。

2人が主役の貸切空間でロマンチックなひとときを…ゲストハウス

2人が主役の貸切空間でロマンチックなひとときを…ゲストハウス

一軒家を貸し切って挙式をするスタイルです。ホテルや結婚式場だと、他の会場の花嫁や家族と会ってしまう可能性がありますが、貸切の式場なら、挙式の関係者以外と会うことはありません。プライベート感を大事にしたいカップルに最適といえます。昔、華族などが実際に住んでいたクラシックな洋館を結婚式用に貸し出しているところも。広いお庭での優雅なデザートブッフェも楽しめますし、ゲストの待合室までもがレトロな造りで、まるで映画の中に入ってしまったかのような非日常感を味わえます。お値段はレストランやホテルよりも高めで、値引きもありません。ゲストハウスの持つ世界観に魅力を感じる方は検討してみてくださいね。

挙式後の家族旅行も兼ねて…海外挙式

挙式後の家族旅行も兼ねて…海外挙式

挙式は家族だけでしたい、新婚旅行も兼ねたいときは海外挙式がぴったり。日本の親戚や友人をあまり呼べないのがデメリットですが、ある程度厳選したメンバーだけでのリラックスした挙式は、一生の思い出として残ることでしょう。お値段は海外旅行に、現地の結婚式会場の利用料をプラスした形になり、ホテルでの挙式と同じか若干高めです。ビーチリゾートが断然人気ですが、ヨーロッパの、お城のような美しいチャペルなどでの式もおすすめ。まるでおとぎ話のお姫様になったかのようなロマンチックな気分に浸れます。美しい景色を背景に、思い出に残る素敵な写真を残せるのも、海外挙式のメリットです。人生最高の思い出になること間違いなしですね。

2人の絆を神様に誓いたい…教会、神社、仏閣

2人の絆を神様に誓いたい…教会、神社、仏閣

教会での挙式は、海外挙式のイメージがありますが、日本の教会でも挙式はできます。しかし、多くのところは結婚式場として運営されているのではなく、普段信徒が祈ったり、礼拝したりする日常の大切な場所として管理されています。そのため、信徒以外の結婚式はあまり一般的ではありません。本当にその宗教を信じている者どうしが結ばれたときに、司祭や神主などが神様の前で誓うお手伝いをしてくれる、というパターンが多いです。ちなみに、披露宴は挙式とは別なので、全く別に考える必要があります。もし、二人が大事にしている宗教がある場合、教会や神社仏閣での挙式も検討してみる価値があるかもしれません。費用は、結婚式場よりも安いことが多いですが、結婚式場のようなサービスはなく、簡素な式になるようです。神様の前で約束し、祝福してもらった……そんな思い出に残る式になるでしょう。

話し合いが重要!2人の価値観を大事にして

仲の良い二人でも、何を一番大事に思うか?という点が同じである場合も、違う場合もあるでしょう。式場選びは二人の価値観がぶつかる最初の機会ですが、ゆっくりと話し合ってみてくださいね。お互いをよりよく知る機会になるでしょう。