教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2015
10/29

秋のデートにぴったり!都心から行ける紅葉狩りスポット4選

秋の風物詩といえば紅葉。赤に黄色、色とりどりの紅葉を2人で見れば、ロマンチックな秋を満喫できますよ。今回は、東京からも行ける、おすすめ紅葉デートスポットをご紹介します。

ゴージャスな日本庭園を彩るカエデの饗宴 六義園 (東京)

ゴージャスな日本庭園を彩るカエデの饗宴 六義園 (東京)

国の特別名勝に指定されている六義園は、カエデ類が織りなす見事な景観が特徴。大名庭園が今に伝わる、ゴージャスなお庭です。
主にカエデの仲間が多いお庭なので、「紅葉っていったらモミジでしょう!」という方には一押しの庭園です。夜間にはライトアップもあるので、昼間はなかなか時間がないという二人でも、ロマンチックで幻想的な紅葉を楽しめますよ。 園内には和菓子を提供する吹上茶屋があり、和の風景と味を両方満喫できるという、リッチなデートコースです。
駒込駅から10分以内で行けるので、時間を有効活用できるというメリットも嬉しいですね。

  • 紅葉する木:モミジ、ハゼノキ、イチョウ、ドウダンツツジ
  • 見ごろ:11月下旬~12月上旬
  • アクセス:JR、東京メトロ「駒込駅」南口より徒歩7分
    写真: 写真AC

イチョウ並木が織り成す黄金のトンネル 神宮外苑(東京)

イチョウ並木が織り成す黄金のトンネル 神宮外苑(東京)

東京都心、新宿区に位置する神宮外苑は、146本もの銀杏の木がおりなす300m続くの銀杏並木の名所。秋になると、銀杏の葉は一気に黄金色に色づき幻想的なトンネルを作り出します。シーズン中は、よく映画やドラマの撮影にも使われているほど、人々に親しまれる美しい紅葉スポットです。また11月下旬~12月上旬には「銀杏祭り」が開催。模擬店や大道芸が行われたくさんの人々で賑わう毎年人気のお祭りです。賑やかなところやお祭りが好きなカップルに、ぜひおすすめしたい紅葉デートスポットです。

 

 

  • 紅葉する木:イチョウ、サクラ、ケヤキ
  • 見ごろ:11月下旬~12月上旬
  • アクセス:JR「信濃町駅」JR「千駄ヶ谷駅」すぐ
    写真:街画ガイド

都心から1時間、燃えるような紅葉にうっとり 高尾山 (東京)

都心から1時間、燃えるような紅葉にうっとり 高尾山 (東京)

色づく紅葉に心からうっとりしたいなら、木の本数が桁違いの山に行くのが一番!東京都八王子市にある標高599mの山、高尾山なら気軽に本格的な紅葉狩りを楽しめます。高尾山は1967(昭和42)年に明治の森高尾国定公園に指定され、約1200種の植物が生息していますが、中でも秋の紅葉は格別!山頂から谷まで燃えるように色鮮やかで息を飲むほど。標高472mの高尾山駅までのケーブルカー沿線には、赤やオレンジ、黄色など色とりどりのもみじが彩るトンネルができるので、登山せずとも紅葉を楽しめます。水も空気も澄んで気持ちが良く、リフレッシュできること間違いなしです。

  •                 
  • 紅葉する木:オオモミジ、イロハカエデ、ブナ、ヤマウルシ
  • 見ごろ:11月中旬
  • アクセス:京王線「高尾山口駅」より徒歩5分
    写真:PAKUTASOぱくたそ)無料写真素材

山中にあるお寺の階段からの眺望が絶景! 大山寺(神奈川)

山中にあるお寺の階段からの眺望が絶景! 大山寺(神奈川)

神奈川県伊勢原市の大山では、日本の素晴らしさに浸りながら美しい紅葉鑑賞ができます。特に、山のふもとからケーブルカーで行くことのできる大山寺の参道の階段からの景色は絶景。 お寺と深紅に染まった紅葉、さらに相模湾の眺望が合わさった、雰囲気抜群の紅葉狩りを楽しめます。名物の色あざやかな串団子も、紅葉を見ながら食べれば美味しさひとしお!
シーズン中に行われる夜間のライトアップでは、昼とは違う紅葉の表情を見ることもでき、昼夜問わず観光客で賑わっています。都心からならば、1日がかりの紅葉狩りコースですが、それでも見に行く価値あり!の人気のスポットです。

  • 紅葉する木:カエデ
  • 見ごろ:11月中旬~11月下旬 ※夜間ライトアップは2015年11月14日~12月6日
  • アクセス:小田急小田原線「伊勢原駅」から大山ケーブル行きバス約30分(終点)「大山ケーブル」下車
    写真:coneta.jp