教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2015
08/04

マタニティ婚の花嫁さんのための3つのQ&A

妊婦さんの結婚は大忙し。一昔前は合うドレスがなかったり、会場側の対応も一定していなかったりと妊婦さんのウェディングはなかなか大変でしたが、今は違います!かわいいドレスもありますし、体調によってはエステを受けることも可能。現在は妊娠した新婦の6割が結婚式を挙げています。妊婦さんが結婚式を挙げる場合のよくある疑問に3つお答えします!

結婚式は妊娠4ヶ月に挙げるのがベスト

Q.マタニティ挙式を挙げようと思います。時期はいつごろがいいでしょうか?

 

A.お腹がまだ大きくなっていない妊娠4ヶ月ごろがベスト!

妊娠が判明して、すぐに結婚式!というわけにはいきません。判明するころにはつわりが始まっており、体調が安定しないからです。もし妊娠中に挙式をするのであれば、妊娠4ヶ月ごろが一番良いと言われています。お腹がまだ前に出てきておらず、大きくなるスピードも遅いので、衣装合わせも1回ですみます。一方で、妊娠6ヶ月以降になるとお腹が日に日に大きくなってくるので、当日に衣装がフィットするかどうかという問題があります。もし妊娠6ヶ月に近くなってから結婚式をする場合は、衣装合わせを前日かそれに近い日にもう一度しておいたほうがいいでしょう。

結婚式は妊娠4ヶ月に挙げるのがベスト
  • ワンポイントアドバイス
    妊娠4ヶ月ごろに挙式するとなると、妊娠判明からすぐに会場のリサーチや予約をする必要が有ります。妊娠はもちろん喜ばしいことなのですが、ご両親の価値観や、彼のことがまだよくわかっていない不安さも十分に考えた上で、トラブルのないようにしてください。急いで挙式するのもいいですが、出産して体調が元に戻ってから親子で挙式するという方法もあります。

衣装はマタニティ向けドレスを選ぼう

Q.挙式の衣装はどうすればいいのでしょうか?

 

A.サイズ調節のきくマタニティ向けドレスを選んで!

マタニティウェディング用に作られたドレスは、お腹を締め付けないデザインインなっています。また、サイズが調整しやすいように、背中の部分はチャックではなく、編み上げになっていることも。マーメイドラインなどのぴったりしたデザインは、マタニティウェディングには向かないのであきらめて。また、妊娠中は匂いに敏感になるので、ドレスやヘッドドレスの匂いも気にして選びましょう。和装はサイズ調整が簡単なのがメリットなのですが、重いので長時間の着用は避けたほうがいいかもしれませんね。

衣装はマタニティ向けドレスを選ぼう
  • ワンポイントアドバイス

    挙式の時間中、ドレスや和装といった、普段よりも重量のある装いをすることは、思ったよりも体に負担をかけます。衣装の着用時間を短くするのも一手。会場によっては結婚式と記念撮影のみで、披露宴のないマタニティ向けのプランを用意しているところもあるので、相談してみるといいでしょう。

エステは体調と相談しながら慎重に

Q.エステはうけても大丈夫?

 

A.体調によりOK!お医者さんと相談しよう

妊娠中のエステは、体調に合わせて検討して。つわりの時期は匂いに特に敏感なので、無香料の化粧品を使といいでしょう。痩身メニューよりも、癒されるボディマッサージや、顔やシェービングといったパーツのケアがオススメです。フェイシャルエステでも、機械を使うものは受けられません。エステに行く際には、事前に医師に相談してください。また、母子手帳を必ず携帯し、妊娠中であることをエステシャンに知らせてくださいね。マタニティウェディングは、挙式までの時間が短いので、普段の食事にも気をつける、紫外線対策をしっかりするなど、自分でできることも徹底しましょう。

エステは体調と相談しながら慎重に
  • ワンポイントアドバイス
    マタニティエステを受けるときには、体調・気分が悪くなったら我慢せず、その場ですぐにスタッフに伝えるようにしましょう。また、妊娠時期はお腹が張りやすくなっています。少しでも張りを感じたら施術を中断して休憩を取ったり、エステの日程を変更してもらうなど、くれぐれも母体の安全を優先してくださいね。