教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2015
04/21

ヒールの高さで印象チェンジ!TPOに合わせた靴の選び方

パンプスやミュール、サンダルなどの靴は、女性にとってコーディネイトの鍵。洋服の雰囲気をしっかりとまとめられるように、デートやお呼ばれ、お仕事など、TPOにあった靴のヒールの高さの選び方をアドバイスします!

3cmまでのローヒールはデートで活躍!色や柄で個性を出して。

デートの日は、女性らしい印象を与えたいですね。彼と並んだときの背の高さも考えると、ヒールの高い靴よりも、ぺたんこシューズといった低いヒールの方がかわいらしく見えます。歩きやすいこともメリットです。靴擦れはデートの時にありがちなトラブル。ローヒールの靴は靴擦れを起こしにくいですが、せっかくのデートの時間を楽しむためにも、新品を当日履くのではなくしばらく歩き慣れた靴を。ハイヒールに比べて、美脚を強調することは難しいので、そのぶん靴そのものの色や柄を華やかにして、服装のワンポイントにするか、あえてシンプルなデザインでスッキリ決めるのもあり。低めのヒールに合う洋服は、細めなパンツルックや、ひざ下丈のフレアスカートなど。

3cmまでのローヒールはデートで活躍!色や柄で個性を出して。

3cmまでのローヒールはデートで活躍!色や柄で個性を出して。

カジュアルでも、シルエットのきれいなものをえらぶと、清潔感がでますよ。白や黒、グレーといったトーンの低い色の服に、赤などの鮮やかなカラーや、アニマル柄などのローパンプスを合わせると垢抜けた印象に。靴下をレース素材にし、リボンやビシューのついた靴を選べばキュートな雰囲気になりますよ。0~3cmヒールは、頼れるデートのお供です!

上品5cmヒールは万能!フォーマルや彼の家に挨拶に行く時にも使える

上品5cmヒールは万能!フォーマルや彼の家に挨拶に行く時にも使える

5cmヒールは、歩きやすく疲れにくい高さなので、お仕事、式典、普段にも使えます。膝丈のスカートを合わせるときちっとした印象になり、彼の実家への挨拶のときにもおすすめです。その場合、色は黒、ベージュや薄いピンクがベスト。玄関で脱いだとき、中敷が意外と見られているので新しい中敷に替えておくといいですよ。靴がパカパカすると残念なので、もし甲の高さに余裕ができるデザインの場合は、専用のゴムベルトをはめて脱げてしまうのを防いで。

オフィスでは7cmヒールまでが無難!すらっと美脚でできる女に

女性のふくらはぎをキレイに見せてくれるのは7cmヒール。スカートを履いたときに、美脚を強調できます。ヒールの高い方が歩きやすいという方でも、お仕事は7cmヒールまでが正解。7cm以上だと、どうしても華やかさが全面に出てしまいます。ビジネスシーン以外だと、ちょっとした立食パーティーや写真撮影など、脚をきれいに見せたい時におススメです。

よく歩く場合は7cmだと、足が痛くなるかも。長く歩く場合はバレエシューズなど、辛いときに履き替えられる靴を持ち歩くのも手です。道路の側溝などに挟まってしまうと、ヒール部分の生地がめくれたり傷がついて目立ってしまいます。靴屋さんで定期的に補修して、お手入れしてくださいね。

オフィスでは7cmヒールまでが無難!すらっと美脚でできる女に

パーティーには華やかな10cmヒールで!歩きやすいものを選ぼう

パーティーには華やかな10cmヒールで!歩きやすいものを選ぼう

10cm以上のヒールは基本的に室内で履きましょう。パーティーで履けば華やかさをUPさせてくれますし、ヒールが高い分スタイルが良く見えます。ヒール部分の存在感があるので、ヒールの柄や素材にこだわれば、個性を演出することもできます。プラットフォーム系のデザインやヒールが太い物、足首にストラップがついているタイプをチョイスすれば歩きやすいですよ。歩くときはひざが曲がってしまいがちですが、それではせっかくのお洒落が台無し。胸を張って脚をまっすぐ伸ばして颯爽と歩くよう意識して。

挙式では厚底ヒールで頭身バランスを整えてウェディングドレスを着こなそう

女子のあこがれのウェディングドレスは、ボリュームがある分、意外と着こなしが難しいものが多いんです。そんな時に役立つのが身長やドレスの長さによって調節できるハイヒール。厚底タイプの12cmヒールや、10cmヒールが一般的です。
フワッとしたAラインドレスやプリンセスラインのドレスも、頭身が高く見えればより美しく着こなせます。ヒールの高さだけではなく、式の間を快適に過ごせるようにするのもポイント。厚底タイプの靴なら足裏に角度がつかないので疲れにくいですよ。また、慣れないウエディングドレスと高いヒールを身につけると、想像以上に歩きにくいもの。ゲストの前で、よろよろしたりしないように、ハイヒールを履いてキレイに歩く練習もしておきましょう!

挙式では厚底ヒールで頭身バランスを整えてウェディングドレスを着こなそう