教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2015
03/24

涙に強い!結婚式前に知っておきたい「まつげエクステ」の基礎知識

女性の目元を可憐に印象付けるポイントは長いまつげ。他の部分のメイクをあまり頑張らなくてもまつげが長いだけでとても華やかに美しく変身できます。挙式を控えた花嫁さんに圧倒的に人気なのは「まつげエクステ」。メイクの手間が少なく、自然な見た目が長持ちすること、扱いが楽なことが人気の理由でしょう。なにより、挙式中に感動して泣いてもパンダ目にならないのがうれしいですね。今回はまつげエクステの種類と選びかたをご紹介します。

花嫁の目元を可憐に彩る「まつげエクステ」の基本

まつげエクステとつけまつげ、どちらが自分に合うか考えよう

まつげを長く見せる方法は、まつげエクステとつけまつ毛の2種類。まつげエクステは元のまつげが短く細いと綺麗につけるのが難しいです。その点つけまつげは、地毛の太さに関係なくつけられます。また、まつげエクステはオイルクレンジングが使えないので、がっつりメイクをしたい場合はつけまつげのほうが合っているかもしれません。つけまつげは根元部分があるので、アイラインを太めにいれるなどして隠す必要がありますが、まつげエクステは根元部分がありません。ナチュラルなイメージを出したい方や、濃いメイクをしない方に向いています。費用面では、つけまつげは自分で買ってつけるという方が多いので、つけまつげ本体とグルー(接着剤)の代金を考えれば良いですが、まつげエクステは自分でつけることが難しいのでサロンに通うことがほとんど。サロン代は1万円前後のところが多いです。お財布と相談しましょう。

●まつげエクステ
・地まつげが極端に短く細くない人向き
・ナチュラルなイメージが好きな人向き
・サロンでつけるので費用が高い(1万円前後)
●つけまつげ
・どんな地まつげにもつけられる
・がっつりアイメイクしたい人向き
・つけまつげ+接着剤の料金だけで済む

カールの強弱・太さ・長さなど種類が豊富

カールの強弱・太さ・長さなど種類が豊富

まつげエクステの基本的な種類は、カールが強い順番に、D、C、Jカールがあります。インパクトがあって華やかなのはDカールですが、自然な見た目はCカールとJカール。一重まぶたや奥二重の方は、まぶたにまつげがひっかからないように根元がまっすぐで途中からカールするLカーブという種類もおすすめ。カールを組み合わせて、LCカールやLDカールといった名前で展開されています。自分のまぶたの形に合わせて選びましょう。
太さにも0.1mmから0.25mmまでバリエーションがあります。細いものを選ぶと長持ちですが、普段からマスカラを二度塗りしてパッチリメイクする方は太めを選んでも良いかも。長さはあまり長いと不自然に見えてしまうので少し長めな11mmが人気です。また、先が二つに分かれているYラッシュというシリーズもあり、目尻などのポイントに使うとふさふさとしたリッチなまつ毛に。迷ったらサロンの施術者と相談して、自分にベストなエクステを見つけてください!

装着する本数は、両目で60本くらいが自然に仕上がる

カールと太さを選んだら、次は本数をチョイス。自然な見た目は両目で60本。「まつげエクステしてる?」と気づく人は少ないかも。目元を強調したいときは100本にトライ。さらにボリュームを出したいときは160本を。華やかになりたいからといってカールの強い太いまつげエクステをたくさんつけるとお手入れが難しく、挙式本番に綺麗な状態を保つのが難しいかも。自信がない人はあまり欲張らず、両目で60本程度にしておくといいかもしれません。60本でもつける前に比べるととても華やかに見えますよ。

装着する本数は、両目で60本くらいが自然に仕上がる

エクステは式の2・3日前につけて、綺麗な状態で本番を迎えよう

まつ毛に直接つけていくまつげエクステは、まつげが生え変わるサイクルによって、時間が経つと取れてきてしまいます。挙式までの時間をあけずに、本番の2・3日前につけるのがおすすめです。オイルクレンジングを避ける・気になるからと手でさわってはいけないなど、扱い方にコツがあるので、時間があれば式の前に一度まつげエクステを試してみて、慣れておくのがいいでしょう。エクステをしてもらうときはかわいい系かエレガント系かなど、なりたい目元のイメージを施術者に伝えるのも大切。 サロンのホームページに載っているエクステの施術例の写真も参考になりますよ。

エクステは式のギリギリにつけて、綺麗な状態で本番を迎えよう

サロン選びはスタッフの「美容師資格」とお店の「美容所の登録」を確認

まつげエクステというと、違法操業が一時話題になったこともあり、怖いイメージをもたれている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には技術を磨いている施術者が沢山います。サロンを選ぶときはまつげエクステの施術に必須とされている「美容師資格」をスタッフが持っているか、また、そのサロンが保健所の検査確認済みであると分かる「美容所の登録」をしているかどうかを確認しましょう。そういった情報はHPに記載している場合がほとんどですが、心配でしたら電話で確認してもいいでしょう。確かな技術と安全性のあるサロンで、美しい目元を手に入れましょう。