教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2015
03/17

忙しい朝も焦らない!簡単で美味しい朝ごはんの揃え方

朝ご飯は、毎日を健康に過ごすために必要なものです。朝、おいしい朝ご飯が待っていると思うと自然と早起きしたくなりますね。特に、二人の生活がこれから始まるという場合、彼は毎食のご飯に期待しているかもしれません。ただし、現実には、朝ご飯の時間帯はそれぞれに忙しいのでどうしても手の込んだ物を作りづらいことが多いでしょう。そこで一工夫して時間の無い朝でも、短時間でさっとおいしい朝ご飯を作る方法をご紹介します。

ダイエット中&健康志向の彼にはヘルシーな和朝食を

ダイエット中&健康志向の彼にはヘルシーな和朝食を

和食の朝ご飯というと、魚を焼いたり、なんとなく大変そうに思えるかもしれませんが、慣れれば簡単です。ご飯+小鉢+焼き魚や卵焼きなどのおかず+みそ汁という組み合わせは、実にヘルシー。
小鉢は作り置きできる漬け物類か、納豆を。朝は、焼き魚か卵焼きだけ作れば大丈夫。難しく考えなくても、みそ汁は具が2から3種類の簡単なもので十分です。ほうれん草、油揚げなどのみそ汁の具はあらかじめ小さめに切って茹でておいて、小分けにして冷凍しておくとすぐに使えます。ネギは切って、小さめのタッパーに入れて冷蔵保存しましょう。

熱の通りにくい根菜は味噌を入れる前に鍋に入れ、ネギや水菜などは最後に散らして火をすぐに切るのが美味しいみそ汁を作るコツです。パンは食べやすくていいのですが、すぐにお腹がすいてしまうことがデメリット。ご飯はお腹の持ちが良いので、間食も減らせるかも。ただし炊けるのに時間がかかるので、前の晩に忘れずに予約炊飯しておくと安心です。彼がダイエットをしている場合は、ぜひ和風の朝食を用意してあげてください。

トーストのバリエーションが楽しめる洋風は彩りと栄養バランスを考えて

洋風スタイルの朝食のメリットはパパっと簡単に作れ、バリエーションを自由に楽しめること。トーストにコーヒーだけ、ではなく、サラダの緑や赤、ヨーグルトの白、卵の黄色など、食卓をカラフルにするとオシャレに見え、自然と栄養素バランスもとれます。トーストは、ピザソースとチーズを乗せ、ピーマンの薄切りをONすれば、お手軽なピザトーストの完成。バナナを切ってのせ、蜂蜜をかけて焼くと、スイーツのような朝ご飯になります。ツナにマヨネーズを混ぜたものをパンに塗って焼くのもおススメ。朝からパワーがみなぎってきますよ!

トーストのバリエーションが楽しめる洋風は彩りと栄養バランスを考えて

休日の朝ご飯にはホットケーキを。スウィーツ気分で朝からハッピー!

休日の朝ご飯にはホットケーキを。スウィーツ気分で朝からハッピー!

ちょっと変わった朝食を食べたいというときは、ホットケーキがおススメ。最近はふわふわのパンケーキが流行中。リコッタチーズを入れたり、メレンゲ状に泡立てたりと色々な工夫がされています。食事としてホットケーキを食べる場合には、後をひかない甘くないホットケーキミックスを使うと良いでしょう。ホットケーキのトッピングには、ポテトサラダやツナ、卵焼き、ソーセージを添えてみて。海外風のワンプレートご飯になります。

忙しい朝、洗い物を増やしたくないときはランチプレートを活用して

ご飯の後の洗いものは、できるだけ簡単に済ませたいですね。ランチプレートを活用すると、洗い物は1人1枚!流し台が混雑する事もありません。素材はプラスチックから陶磁器まで、様々なプレートが販売されているので、お気に入りを見つけてみて。プラスチックは割れにくく、柄がオシャレなものが多く、陶磁器はナチュラルな雰囲気が素敵です。お子様ランチの用な子供っぽい雰囲気ではなく、どちらかといえばカフェで使われていそうな色や形を選ぶと上手に選べますよ。

忙しい朝、洗い物を増やしたくないときはランチプレートを活用して