教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2014
09/09

残業終わりのデートにぴったり!「アートアクアリウム」って何?

残業終わりのデートにぴったり!「アートアクアリウム」って何?
付き合いの長い彼とのデート、マンネリ化してませんか?まだまだイベントの多い季節なので、一緒に感動できる話題のスポットに出かけてみるのはどうでしょう。今回は日本橋で開催中の「アートアクアリウム」をピックアップ!夜11:30まで開催しているから、残業後の会社帰りデートにも最適です。彼の帰りが遅くて平日デートを諦めていたあなたも、提案してみてはいかがですか?実際に会場に行ったときの様子をご紹介します!

アートアクアリウムって何?

「アートアクアリウム」は、2011年にスタートしたアートイベント。いまでは、日本橋の夏の風物詩として、大人気のデートスポットになっています。江戸や金魚をテーマにさまざまな趣向を凝らした展示作品が見られます。 薄暗く、ムード満点の会場の中では、カラフルな照明に照らされた大小さまざまの形の水槽がたくさん。その中でひらひらと美しく泳いでいる、多くのめずらしい種類の金魚たちを見て楽しむことができます。

 

ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2014 〜江戸・金魚の涼〜 &ナイトアクアリウム
  • 開催期間 : 2014年7月11日(金)~9月23日(火)
  • 開催時間 : 11:00~23:30(最終入場 23:00)
  • 会場 : 「日本橋三井ホール」東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町5階
  • 入場料 :1,000円/会期中は無休

アートアクアリウムへ行ってみた

友人たちの間でもかなり話題だったので、私も行ってみました。行ったのは8月の休日、16時ごろ。
展示会は会場5階で行われているのですが、地下鉄と繋がっている地下1階で並び、順次エスカレーターで上がって入場していくスタイルでした。金魚を見にこんなに人が集まるなんて、と驚きながら待つこと十数分で入場しました。
休日ということもあり、会場内はかなり賑わっていました。 会場内にはたくさんの種類の金魚がいるので、自分が知っている金魚はごくわずかだったんだと気付きます。 また、水や光を使った演出にも要注目です。足を踏み入れれば、きっと完成された世界観に圧倒されることでしょう。

見どころ1:実は自然界にいない魚、金魚が見れる!

日本人なら幼いころから慣れ親しんでいる金魚ですが、実は自然界には存在しない魚だとご存知でしたか?金魚というのは中国発祥の魚で、フナの突然変異種のもののなかから橙色の魚だけを選び交配させた魚のことを言うそうです。横から鑑賞する種類と上から鑑賞する種類があるそうですよ。アートアクアリウムに行けばふとした事から教養も深まりそうですね!

見どころ2:展示物の名前にも来場者をたのしませるこだわりが

見どころ2:展示物の名前にも来場者をたのしませるこだわりが
「ボンボリウム」「大奥」「キモノリウム」「新江戸金魚飾」「花魁」など、江戸情緒溢れる展示物の名前も魅力的です。今話題のプロジェクションマッピングを活用した展示もあるのでぜひご覧ください。会場内で金魚を見ながら江戸時代に思いを馳せるのも良いですね。
日中ももちろん楽しめますし、19時以降はナイトアクアリウムとして音楽や照明などの演出が変わって違った雰囲気になります。DJパフォーマンスもあるので、好きなDJが出ているか調べてみるのも良いかもしれません。アーティスティックでおしゃれな照明の中でドリンクを楽しみながら優雅な金魚を見るなんて最高に素敵なデートになりそうですね。

ついでに街めぐりもできる!

9月23日までの開催期間中、日本橋周辺の214店舗で浴衣着用、もしくはアートアクアリウムのチケット半券で店舗別の特典やサービスを受けることができます。この機会に彼と浴衣で風情のある日本橋の街を練り歩いてみるのも良いかもしれませんね。いつもと違うシチュエーションをぜひ楽しんでくださいね!