教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2014
04/22

結婚式の前に、入籍・同居するメリットとデメリットって?

同居カップル
結婚式の前に入籍・同居を始めるカップル、皆さんの周りにも多いのでは?
挙式式前後は、ゲスト関連の手配や手作り・新婚旅行・結婚祝い返しなど想像以上に、バタバタするもの。入籍・同居を先にして、必要な手続きなどを済ませてしまいたい、という意見も。しかし、実際はどうなのでしょう?結婚式の前に入籍・同居する、リアルなメリット・デメリットをご紹介します!

結婚式の前に、入籍・同居するメリット

プロポーズ後、2人の愛がより深まり「早く一緒に住みたい!」と思うのは当然。一緒に居ることで幸福感を感じることのほかに、以下のようなメリットがあります。

  • 一緒に暮らしていると、結婚式の準備がしやすい
  • 新居をじっくり探せる。引越しと結婚準備、一番忙しい時期が重ならない
  • 入籍と引っ越しを同時にすることで、入籍と転居の手続きも(転出届と婚姻届の提出、氏名と住所変更)同じ日にできる
  • 新婚旅行のパスポートが新しい苗字・住所で作れる
  • 仕事が忙しい人も、これからの2人のことを、落ち着いて一つずつ進められる
  • 一人暮らしよりも、節約できて結婚資金が溜めやすい

式の前に入籍・同居をした花嫁さんのなかには、「早く子供がほしいから、早めの同居をする」なんて少しオトナな意見も。

結婚式の後に、入籍・同居するデメリット

式の前に入籍・同居をするカップルが増えているといっても、「身内などにも好印象なのはケジメのある、式後の入籍・同居」という意見もあります。式の前に入籍・同居は、それなりにリスクがあるようです。

  • 両親の「入籍・同居は、結婚式をしてから」というこだわりに反する
  • 挙式の新鮮さや、神聖な雰囲気が薄れてしまう
  • 挙式という大きな楽しみが終わった後に、新生活がはじまるという楽しみがない
  • 結婚していないのに、家事をやらないといけない
  • 一緒にいる時間が増えると、ケンカが増えることも!?
  • 家族と暮らす最後の時間を大切に過ごすことができなくなる

家族との時間を優先するか、新生活への早めのスタートを切るか…花嫁さんにとっては悩ましい選択ですね。

7割ぐらいが挙式前に同居!?

実際に、首都圏でお互い一人暮らしのカップルで、挙式前に同居した人は76.1%です。(ゼクシィ新生活準備調査2013 報告書より算出)

「挙式より先に同居するなら、同時に入籍」が、多いです

 挙式前に同居するときは、同時に入籍もする二人が多いようです。そうでないときも、結婚の日取りを決めるなど、絆を確かにすることを意識的に行っているんだとか。同居を始めるにあたって、はじめは家計の管理・家事の分担など、話し合うべきことがたくさん。家事や家計など、花嫁さんに負担がかかる形で、これからの長い結婚生活が進んでしまったりすることもあるので、ちょっと慎重になりたいところですね。万が一結婚準備でもめてしまったら、入籍済みだと取り返しがつかないということもあります。土台を固めてから、楽しい新生活や挙式準備にとりかかろう。

次回のコラムでは、“同居・入籍が先”のときと“挙式が先”のとき、それぞれ挙式・同居のスケジュールは、どんなかんじ? To Doリストをみつつ、シュミレーションしてみよう!