教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2014
03/25

夫に家事をしてもらうには、はじめの一週間がキモ!?新婚生活座談会1

奥さま

結婚が決まって最高に幸せな花嫁さんは、まさに幸せの絶頂でしょう。そんなアナタのために、結婚歴1~3年の奥さまが、結婚生活の成功と失敗を本音トークします。幸せが続く結婚生活の秘訣を聞きました。

はじめの一週間に、夫に協力してもらうのが大切

Oさん:
結婚ははじめの一週間が大事よね。その一週間でその後の結婚生活がぜんぜん変わってくるよね。私は、最初の一週間に、家事や、身の回りの世話を、女の子ぶっておままごと感覚で、ぜーんぶやってあげたのが本当に間違いだった。今はね、夫は、わたしが困っていても横目で助けを求めても、ぜんぜん気づかないの。子どもができて、私が髪を切りに行く時間すらなくて、伸びっぱなしになっていても分からないの。夫は決して優しくないタイプではないので、最初のあれが問題だったんだと思う。
Hさん:
そうそう!はじめにそうしてしまうと、男性はそれがあたりまえって思うんだよね!みんな口を揃えて同じこと言うもん。叔母なんかに聞くと何十年と、大変な思いをするって。最初の一週間にそうしなかった人は、一生協力して気遣ってもらえるらしいよ。

「鉄は熱いうちに打て」じゃないけれど、いったん固まってしまうと男性はなかなか変わらないのかも!?

料理は、スマホのレシピを見ないで作れるレパートリーを

食事
Mさん:
食事は私がかなり下手っぴだったので、練習もかねて最初から作っていました。それまであまり自分で作ることはなかったけれど…。子どもを考えている人は、今のうちから食事に気を付けないと、生まれてからは大変ですよね。やれ離乳食だの、だしは出来合いを使わず自分でとってだの、ちょっと大変になります。練習がてら、得意なレシピは増やしておいた方がいいかも。
Iさん:
スマホのレシピを見ないで作れるレパートリーを増やしておくと、効率がよくなるね!ちょっと美味しい料理をつくると、夫も普段より優しくなる気がする。

夫婦間の家事の分担、夫にやってもらうなら…

Hさん:
夫にはトイレ掃除や風呂掃除をお願いしています。最初は朝食の支度も頼んでいたけれど、前の晩が遅いとつらいみたいだったわ。
Mさん:
私は最初、旦那があまりやってくれなかったので、家事についてはびしっと話しました。もう女が全部やるような時代じゃない、って。その結果、洗い物・ゴミ捨て・掃除はやってくれるようになりました。そのかわりと言うか、休日には必ず一人の時間を作って、息抜きしてもらうようにしています。
Hさん:
すごいね!途中からやってもらうのって相当大変だよね…。息抜きを大切にしたり、バランスをとってる分、納得してくれるのかな。

子育てをするならどんな住まいにするべき?

Mさん:
子供ができたら大きな家じゃなきゃ!とかって言うけれど、大人2人+子ども1人くらいまでは、新婚タイプの2LDK・50平米ほどの賃貸で十分だと思います。ベビーベッドなんて不要。あれは、買い物をさせたい、赤ちゃん業界の戦略でしょ。
Iさん:
 
業界の戦略といえば、不動産業界の戦略にのって、マンション購入とかも急いで決めないほうがいいかも。住まいも、2人暮らしであれば飲食店などが周りにある便利なところがいいよね。子どもを考えているのであれば、近くに公園や夜間もやっている病院があって、いい学校が近くにあるといいね。奥さんの実家が近くないときは、保育園・病児保育・学童保育なんかが充実しているかどうかは重要ポイントだと思う。