教えて!さくら子先輩 すてき花嫁のエッセンス

2014
02/18

婚姻届のもらい方、書き方、出し方、忙しい人への裏ワザ

婚姻届

入籍日を、HAPPYな心に残る記念日に!
私の周りでも仲のいい夫婦は、結婚記念日を大切にしている気がします。二人の大切な結婚記念日を決める婚姻届を、スムーズにだすコツをご紹介。よくあるお悩みにズバッと答えます。

婚姻届は、どこに取りに行くの?

婚姻届は、全国共通です。最寄り、または好きな市区町村の役場へ取りに行きます。A3 でプリントできれば、HPからダウンロードでもOK。私は、「用紙 婚姻届 ダウンロード」で検索して出てきた、札幌市のホームページからプリントしました。
提出先は夫婦どちらかの本籍地、新しい本籍地、夫婦どちらかの現住所地、新しい住所地のうちのどれかなら大丈夫。しかし、本籍地以外に提出する場合は戸籍謄本(抄本)が必要になるので注意しましょう。

記入欄の本籍地は、富士山でもOK

富士山

本籍地という欄がありますが、ここには希望の本籍の場所を書きます。人気なのは、二人の実家・二人の新居や思い出の地です。また、ディズニーランドや富士山にもできます。北海道の東川町では、夫婦になった瞬間の写真を撮影してプレゼントしてもらえます。(2013年1月現在)

入籍日は、覚えやすく、お祝いしやすい日に!

最近は大安などのお日柄よりも、日付を気にするカップルが多いようです。1月11日、2月22日などのゾロ目の日や、国民の休日、誕生日、付き合い始めた記念日など。11月22日(いい夫婦の日)や、10月8日(とわの日)も届け出が多くなります。クリスマスやバレンタインなどの行事に合わせてもお祝いしやすくなりますね。

婚姻届の保証人は誰にすべき?

両家の親から一人ずつ、2人で親しくしている友人、お世話になった人など。二人にとって大事な人を選びましょう。証人2人が同じ苗字のときは、きちんと違う印鑑を用意しましょう。

日付にこだわるなら、窓口に提出しよう

婚姻届は24時間いつでも時間外受付してもらえます。しかし、不備があった場合は訂正が必要になるので、入籍日が遅れてしまうことも。入籍日にこだわりがあるならば、直接窓口に行きましょう。行けないときは、事前に窓口でチェックしてもらい、時間外窓口に提出しても良いでしょう。

入籍するときに、忘れがちなこと

  •  2人(20歳以上)に氏名、生年月日、本籍地を記入し、署名・押印してもらう。本籍地は覚えていない場合もあるので、事前に確認しておいてもらいましょう。
  •  婚姻届を本籍地以外に提出するときは、戸籍謄本(全部事項証明書)か戸籍抄本(個人事項証明書)を提出しなければいけません。たとえば夫の本籍地に婚姻届を提出する場合に、夫の本籍地を妻の新しい本籍地とするときは、妻の戸籍謄本が必要です。郵送で取り寄せると1~2週間かかるので、本籍地が遠い人は事前に用意しておきましょう。
  •  万が一不備があった場合のために、訂正印・身分証明書(免許証・パスポート)・戸籍謄本を持っていきましょう。